<< NEXT Main BACK >>
六本木 ラ・シュエット

六本木のラシュエットの紹介です。
ナパでラ・シュエットに行きましたので、六本木のお店に来れて本当に嬉しかった。

2階にテーブル席はありますが、ソムリエの方といつでも話しができるカウンター席に座ります。
3人で行きましたのでコーナーを挟んで座りました。

まずはシャンパンで乾杯カクテル
店内は落ち着いた静かな雰囲気です。




パンが来る前に、オリーブオイルとスパイス・ミックスが出てきました。
このスパイス・ミックスとっても美味しいです。オッケー
クミン、白ゴマ、カレーなど数種のスパイスやナッツが入っているのですが、
パンにオリーブをつけて、サっとこのスパイスを乗せて食べると止められません。



真鯛のカルパッチョ風のお刺身が出ます。
シャンパンとの相性もバッチリです。オッケー



白ワインを選ぶ段になり、ソムリエの草葉さんが3本のワインをプレゼンテーション。
それぞれにヴィンテージでとっても上手に興味をそそるように説明されるので、
迷う~~選べない!!! 



それで、結局左端のピユリニー・モンラッシェ・ピュセル1997ドメーヌ・ルフレーブを選びました。

非常に真面目にビオ・デナミを実行して造りあげている一品だそう。
豊かなミネラルに加えて、しっかりした酸味と香り、膨らむテイスト、それでいてくクリアな飲み口。
時間がたつことに香りが開いてくるワイン、、、幸せ~~音符



続いてホタテとお野菜のクリームスープ風味の蒸し煮?
これも絶品! 塩味のクリームがあっさりと仕上っていて、ホタテ、ごぼうやおネギなどの野菜とバランスがよくワインとピッタリ。
思わず「おかわり下さい」と言ってしまいそうでした。パー



見て下さい、この白トリュフハート


この白トリュフをふんだんにサーっとパスタの上にスライスがけしていきます。


あぁ~もう堪らない、、、このパスタ、いっきに食べてしまいました。
美味~ハートハート



そして赤ワインは、草葉さんが○さんのために特別に用意してくれていた
ポマール・レ・ヴィニョ 1997 ドメーヌ・ルロワ!!


華やかでかつとてもデリケートなワインに、言葉が見つからない......。
こんな繊細な感じなのに、香りはとっても華やか。
このワインと出会えて本当によかった....。



そして続いて、ジビエが、、実はジビエ嫌いなのですが、
「エゾシカ」はとっても新鮮で美味でした。オッケーオッケー
ふんだんにかけれた黒トリュフが放つ香りが、エゾシカの美味しさに拍車をかけます。
こちらも完食~



最後はチーズで。
最高のワインと相性バッチリの食事
今宵はとっても完成された夜となりました。ご招待者に感謝です。



~お薦め情報~ : 11:56 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2020 - 08  >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
SEARCH BOX